私記 駆け出しWebディレクターの日記

ニッチな業界のポータルサイトを運営しているディレクターの日記です。日々感じたこと、読んだ本(漫画や小説)の感想、マッチングサイトの活動状況、気になった心理学についてなどなど..ノーテーマ。一つの記事を30秒以内に読めるようにしています。

名言連発!? 漫画「横山三国志」の面白さとは? 日本人の「三国志」

三国志」/全60巻/作者:横山光輝 出版社:小学館


sangoku_1.jpg

こんにちは、管理人のマスノです。
いきなりですが、僕は歴史が好きです。

日本史はもちろん、 中国やローマ、西欧の歴史にはそれなりの知識があると自負しています!!

中国なら歴代王朝は全部言えるし、 ローマなら歴代皇帝の名前...軍人皇帝時代は怪しいけど 基本的に全部言えます。

と、いうことで今回は「横山三国志」を紹介します。


この漫画は「鉄人28号」や「魔法使いサリー」の作者の、 横山光輝氏が吉川英治氏の小説「三国志」を元に桃園の誓いから 蜀漢の滅亡までを描いています。


おそらく日本で本格的に「三国志」を漫画の題材にした作品で、 それ以降の「三国志」に対する一般的なイメージはこの漫画が作ったといっていいと思います。

横山氏の癖のない絵柄とわかりやすい台詞、 そして親しみやすい人物造形など...この漫画の一番の特徴は読みやすいことです。

小学生のときこの漫画を読んだけど難しいと思いませんでした。

そしてこの漫画のおかげで歴史というものに興味を持つようになりました。


この漫画に出会って以降は中国の歴史に興味を抱くようになり、 横山氏の「項羽と劉邦」「殷周伝説」などをお年玉で買いました。

また、中2の頃には弟のPSのソフトを売ってでも徳間書店から出版された中国の思想シリーズの 「孫子」「論語」「戦国策」「左伝」「老子」などを買いました。


それ以降は、中国史だけでは飽き足らず西欧史、ローマ史などの本を古今東西に限らず読みつくしいまに至ります。

ちなみにいま興味を持っているのは「古代日本」についてです。


とりあえず、この漫画は「歴史物」の入門書に最適の一冊です。

子供を「歴史家」になって欲しいと思う親に対してお勧めできる漫画です。

また、「歴史物」としてではなく「普通の漫画」としても大変面白いです。

そもそも羅漢中が書いた「三国志演義」も世界的傑作です。

横山氏が描いて面白くないわけがありません!!


また、横山氏特有の表現も人気ですね。

images-1.jpg

images.jpg 

少し前だけど、あの日経新聞ですら特設サイトを開設している。

スクリーンショット 2017-04-25 16.12.18.png出典:日経新聞特設サイトより

 三国の興亡を描いた漫画なので完読まで時間はかかるけど、 読んだ後は「なぜこの作品が世代を超えて愛されるのか」 それがわかると思います。
以上「横山三国志」の感想でした。