私記 駆け出しWebディレクターの日記

ニッチな業界のポータルサイトを運営しているディレクターの日記です。日々感じたこと、読んだ本(漫画や小説)の感想、マッチングサイトの活動状況、気になった心理学についてなどなど..ノーテーマ。一つの記事を30秒以内に読めるようにしています。

今日の面談でタメになったこと〜タスク管理について〜

こんにちは管理人のマスノです。

 

僕が働く会社では毎週水曜日に上長と面談があります。
ちなみに上長もブログをしています→https://sjmrkm.hatenablog.jp/

 

この面談ではKPIと進捗とか相談とかアドバイスとか...色々話します。
そこでは結構タメになる話も聞けます。

 

今回は今日の面談でタメになった事をまとめました。

 

タスク管理で使ってはいけない言葉がある!

f:id:mashino1986:20200122232324j:plain

僕の仕事はけっこうやる事が多いので、タスク管理はめちゃくちゃ重要です!!

 

これをしっかりしてないと「あ、忘れてた汗」っていうことになります。

 

ちなみにこれを繰り返すとクライアントや同僚からの信頼がなくなり、あいつはダメだって思われます!

 

タスク管理で使ってはいけない言葉=具体性がない言葉

 

例えば「確認する」です!!

f:id:mashino1986:20200122233103p:plain

この「店舗にアポを確認」するなのですが、

これだと「23日にアポを取っているA店とB店に○○日の○○時に訪問していいか確認をして、その返答をもらう」というのを「店舗にアポを確認」で済ませてしまっています。

中身を大雑把に分けると「アポ依頼」「アポの結果返答」になります。

そしてそこからA店とB店のアポ依頼〜アポの結果返答に細分化できます。

 

覚えているからそこまで細分化しなくても...と思うかもしれません。

確かに1日にやる作業が1つとかなら全然構わないのですが、5〜10くらいになると対応できなくなります。

 

そもそも、脳科学的に1つの大きな作業にすると脳みそがビビってなかなかタスクに手がつけらなくなるようです。


そうなると、着手する時間が遅くなり結果的に当初予定していたスケジュールが大幅にずれるってことになりかねません。

なので、タスクはなるべく細分化して手を付けやすい状態にした方がいいと言えるでしょう。

 

僕も今日からこの方法でタスク管理をしようと思います。