私記 駆け出しWebディレクターの日記

ニッチな業界のポータルサイトを運営しているディレクターの日記です。日々感じたこと、読んだ本(漫画や小説)の感想、マッチングサイトの活動状況、気になった心理学についてなどなど..ノーテーマ。一つの記事を30秒以内に読めるようにしています。

知り合いが起業した会社がやっぱりダメそう

こんにちは!管理人のマスノです。

少し前に知り合いがリフォーム会社を起業しました。

 

仲間内でやっていたリフォーム会社に不満があって、分裂して新たに会社を設立したようです。

僕はその会社のホームページの制作などをやっていたので、彼が前にいた会社のダメな部分はわかっていました。

f:id:mashino1986:20200610095820j:plain

ざっくり上げると以下の点があります。


①会社の強みがない

これは、致命的でリフォーム会社なんてかなりの数があるのに競合他社との差別化がまったくされていなかったです。

②営業方法を訪問販売に依存している

創業時はそれでいいと思うのですが、この営業方法に依存しているとどこかで全く契約が取れなくなると思います。特にBtoCでは評判が悪い営業手法で、年々マーケットが縮小していくと思います。そもそもこれだけ自分で情報を集められる社会で訪問販売で買う必要があるのかなって僕自身思っていますね汗

③経営戦略がない

これがかなり致命的です。

月ごとの目標売上は設定されているけど、どこの地域でどういう手法で売り上げを作るのかなどの戦略がまったく皆無でした。とりあえずたくさんインターフォンを鳴らして個人宅に訪問するという考えしかなかったです。

 

その結果...

売り上げが経たない→人間関係が悪くなる→分裂といったループに陥ってしまったようですね。

分裂した会社も結局同じだった

そこでこの前分裂した会社の知り合いから、ホームページを作ってと言われて話を聞きました。

そこで驚いたのが、考え方が前の会社と同じだったことです。

前の会社の〇〇さんがいけないから売り上げがたたなかった的なことを言っていました。

僕的には根本的な考え方が間違っていると思うので、その点を話したのですが全然聞く耳をもたなかったですね。
3C分析とかは最低限やるべきだと思うけど...

 

www.shiki-kakedashi.com

会社には戦略が大切でそれを理解している人が会社経営をするべきだとあらためて感じました。

とりあえずホームページは作ってあげようかと思うので、進展があったらまたこのブログにでも書こうかと思います。