私記 駆け出しWebディレクターの日記

ニッチな業界のポータルサイトを運営しているディレクターの日記です。日々感じたこと、読んだ本(漫画や小説)の感想、マッチングサイトの活動状況、気になった心理学についてなどなど..ノーテーマ。一つの記事を30秒以内に読めるようにしています。

今回の経験から給付金が入ったらMAMORIO(マモリオ)を買おうと決意する

こんにちは!
管理人のマスノです。

 

昨日の財布の件ですが、結果から言うと無事見つかりました!!

www.shiki-kakedashi.com

やっぱり会社、何故か会議室の椅子の上にありました(笑)

同じ事を繰り返さないためとして、財布とカバンをチェーンで繋ぐとかじゃなくて、
IT企業らしくテクノロジーを使って再発防止をしようと思います。

 

MAMORIO(マモリオ)を使ってなくすをなくす

f:id:mashino1986:20200613085307j:plain

そこで今回目を付けたのがこのMAMORIO(マモリオ)です!!

これはGPS内蔵の落とし物グッズでめちゃくちゃ小さくて財布にいれてもかさばりません。

f:id:mashino1986:20200613085608j:plain

このMAMORIO(マモリオ)で僕が良いなと思った機能を説明します!

MAMORIO(マモリオ)と離れるとスマホに通知が来る

MAMORIO(マモリオ)とスマホの通信できる距離が離れるとアプリからスマホに通知が届きます!

今回のことでいうと会社から離れてしばらく歩くと、アプリに財布持ってないけど大丈夫?的な通知が来ます。なので紛失防止にめちゃくちゃ効果的です。

通信環境によりますがだいたい30m~60mであれば接続可能なようです。

②なくした時のGPS情報を保存している

もちろんなくした時にアプリ情報を元に落とした場所の把握も可能です。

さらに接続が切れた時の時間も保存されているので、どの時点で落としたのかもわかります。

MAMORIO(マモリオ)のユーザー同士で探すこともできる

MAMORIO(マモリオ)は利用している別のユーザー経由で落とし物の位置を把握することができます。
MAMORIO(マモリオ)入りの落とし物の近くを、MAMORIO(マモリオ)ユーザーが通ると持ち主のみが落とし物の位置を知ることができます。


あと、MAMORIO Spotというのが設置されていて、そこにMAMORIO(マモリオ)が届くと通知をうけることも可能です。

あと、会社のHPがお洒落

会社のHPがお洒落でしかも読みやすいのも良いなと思いました!

 

company.mamorio.jp

 MAMORIO(マモリオ)は商品名と同じくMAMORIO株式会社が作成しています。
ワンカラムデザインでシンプルで読みやすくまさにIT企業って感じのHPですね!

 

ページの下部に授業員の笑顔の写真+紹介文が載っているのも僕的には推しポイントです。

設立したばかりや、知名度がない会社だとこうして取締役や従業員が顔を出して自社製品と会社に対して安心感をもたせることが大切です。こういう小さなところでも成長していく会社とそうでない会社でわかれていきますね。

知り合いの会社でHPを作った時にこの点を伝えたけど意味がない(笑)的な事をいわれて断られました。この点でも彼らの経営センスの無さがわかりますね...

 

なんにせよ、IOT(身の回りの物がインターネットにつながっていること)を利用して生活面での不安を減らせる良い時代になったなとあらためて感じました。