私記 駆け出しWebディレクターの日記

ニッチな業界のポータルサイトを運営しているディレクターの日記です。日々感じたこと、読んだ本(漫画や小説)の感想、マッチングサイトの活動状況、気になった心理学についてなどなど..ノーテーマ。一つの記事を30秒以内に読めるようにしています。

浴室のマットを珪藻土に変えたら不快感がゼロになった話

こんにちは!
管理人のマスノです。

お風呂から出た時のマットってどれくらいのペースで洗っていますか?

 

僕は最低でも週1回のペースで洗っています。

ただ、この記事にあるように見えないところでカビやダニの温床になっていて

あまり衛生的ではないようですね。

www.kireiseikatsu.com

僕自身も水分を含んだマットの何ともいえない不快感に嫌気がさしていました。

なので、先週から珪藻土(けいそうど)マットに変更しました!

珪藻土マットは洗濯不要!!

f:id:mashino1986:20200615094540p:plain

珪藻土とは...

珪藻土には、表面にある無数の「孔」(穴)で半永久的に自立呼吸で吸湿・放湿を行う「調湿」機能があります。この自立呼吸により水を吸っても速乾性を維持することができるんです。

※お風呂レシピより

 つまり珪藻土マットは、お風呂上がりの水を吸い込んでほっておけば勝手に乾く便利なマットです!

これの便利なところは、勝手に水分を放出するので洗う必要がないことです。

珪藻土自体に調湿機能が備わっているのでカビが発生する心配もすくないですね。

 

僕の家の珪藻土マットは30分くらいすれば水分がなくなっています。

メンテナンスもたまにやすりで表面を削ってあげればOKなので、洗濯物がひとつ減ります!

ただ、凹凸がある場所の上に置くと割れやすいようなので注意が必要ですね。

 

水分を含んだマットのあの不快感と今後付き合う必要がなくなったので、僕的には生活の必須アイテムになりました。

 

ちなみにニトリだと小さいもので1,000円くらい、標準サイズで2,000円とかなりお手頃価格で販売しているのでオススメですよ!!

www.nitori-net.jp