私記 駆け出しWebディレクターの日記

ニッチな業界のポータルサイトを運営しているディレクターの日記です。日々感じたこと、読んだ本(漫画や小説)の感想、マッチングサイトの活動状況、気になった心理学についてなどなど..ノーテーマ。一つの記事を30秒以内に読めるようにしています。

気が付いたら1年の半分が終わっていた

こんにちは!
管理人のマスノです。

 

今日から7月ですね。

f:id:mashino1986:20200701093748p:plain

もう2020年の半分が過ぎてしまいました。

 

体感としては今年はかなり時間が経つのを早く感じますね。

コロナがあったり、彼女ができたり、彼女に振られたり、社内で部署異動があったりと目まぐるしく環境が変わったせいかもしれません。

 

実は時間を早く感じるのは代謝が落ちているからだという説があります。

psych.or.jp

この記事では、
代謝が落ちると体内時計の進み方が遅く感じる=時間が早く過ぎていくと感じる

と書いてあります。

人間の代謝は年とともに年々下がる傾向があるので、子供の時に比べて時間が早く過ぎていくのはこの代謝が原因のようですね。

運動をしたり健康的な生活をしている人は代謝が上がり、時間の流れが遅く感じるそうです。

 

まさか代謝が時間の感覚に影響しているとは思いませんでした。
優位意義に時間を感じたいなら健康的な生活でいることが一番ということですね。