私記 駆け出しWebディレクターの日記

ニッチな業界のポータルサイトを運営しているディレクターの日記です。日々感じたこと、読んだ本(漫画や小説)の感想、マッチングサイトの活動状況、気になった心理学についてなどなど..ノーテーマ。一つの記事を30秒以内に読めるようにしています。

通っていた幼稚園が日本遺産に認定されていた

こんにちは!
管理人のマスノです。

前に話したと思いますが、

僕の実家は島根県益田市という場所にあります。

自然豊かだけど人口が4万人ほどの過疎地です。

f:id:mashino1986:20200711102922j:plain

f:id:mashino1986:20200711102933j:plain

ちなみに駅前はこんな感じです。

少しさびれた街だけど魚民やマック、モスバーガーユニクロなど一通りそろっていますね。

無印とニトリがあれば完璧だと思う


実はスマートシティのモデルケースに選ばれています。

www.shiki-kakedashi.com

今回実家関連で嬉しいニュースが届きました!

なんと、通っていた幼稚園が日本遺産に認定されたようです。


実は由緒正しきお寺だった

僕が通っていたのは萬福寺まんぷくじ)幼稚園」というお寺が運営している幼稚園でした。

少子化の流れで残念ながら幼稚園は閉園となっています。

で、この萬福寺なのですが平安時代からある由緒正しきお寺だったようです。

時宗益田道場として平安時代に建立され、当初は安福寺と号し益田川河口付近にありました。しかし大津波で流出していまい、後の1319年、游行4代呑海上人が再興しました。1374年には益田七尾城11代城主が現在の地に移築して萬福寺と改称、益田家の菩提寺と定められました。
その後、1479年に15代城主益田兼堯が歌聖・雪舟を招き、石庭を造らせました。1866年長州征伐益田口戦争の際には、幕府軍の陣営となり総門は焼失しましたが、本堂や庫裏はそのまま残っています。鎌倉時代の建築様式の本堂(重要文化財)、雪舟が築いた庭園(史跡及び名勝)、仏教の教えを表す「二河白道図」(重要文化財)、南蛮貿易によりもたらされた「華南三彩壺」など、中世益田文化を代表する文化財が集まる寺院です。国重要文化財、国指定名跡及び名勝。

f:id:mashino1986:20200711103800j:plain

確かに雪舟が造った庭があったり、

f:id:mashino1986:20200711104155j:plain

重要文化財の「二河白道図(にがびゃくどうずと読みます」などこれでもかというくらい中世の文化財が保管されていました。

その中でかくれんぼをしたり、走りまったりしていました。

いま考えるとよく文化財を子供が破損させなかったなと思います。

僕的には長州征伐時の弾丸の後が柱に残っているのが記憶にありますね。

 

どんな小さな町でもこのように素晴らしい名所があるんだなと今更ながら感じました。

いまは無理だけどコロナが収まったら一度立ち寄ってみようかと思います。