私記 駆け出しWebディレクターの日記

ニッチな業界のポータルサイトを運営しているディレクターの日記です。日々感じたこと、読んだ本(漫画や小説)の感想、マッチングサイトの活動状況、気になった心理学についてなどなど..ノーテーマ。一つの記事を30秒以内に読めるようにしています。

同じ環境でもとらえ方次第で結果が変わる話

こんにちは!
管理人のマスノです。

無事連休に突入しました。
この連休は15日にマッチングサイトで出会った女性と2回目のデートをする以外は予定をいれていません。

人間の印象は3回会って決まり、大切なのは第一印象であとの2回はその確認になります。

つまり第一印象がダメだと次はないということです!

これは僕が何回か話しているスリーセット理論ですね。

www.shiki-kakedashi.com

15日にお会いする人は2回目なので、僕の第一印象は悪くなかったということでしょうか。僕も素敵な人だと思ったのでこれまでの経験と学んだ心理学を全力で活かしてぶつかろう思います。

で、その人が「梨泰院クラス(イテウォンクラス」という番組が好きなようで、共通点を作った方が良いと思ったのと普通に面白そうだったので今日1日見てました。

www.netflix.com

国内最大外食企業・チャンガグループに勤める父親の転勤である田舎に引っ越した高校3年生のパク・セロイ(パク・ソジュン)は、転校先の学校で〝神〟と呼ばれるチャンガグループの御曹司チャン・グンウォン(アン・ボヒョン)に出会う。 正義感の強いセロイはグンウォンの傍若無人な言動に我慢できず、一発殴ってしまい退学処分。父親は20年間勤めていた会社を辞める羽目になる。

さらにグンウォンが起こした交通事故で父を亡くしたセロイは、 グンウォンに暴力を振るい、刑務所行きとなる。チャンガグループを倒すと心に決めたセロイは、梨泰院で「タンバム」という小さな居酒屋を開き、仲間たちと共に再起を目指す。

 要するに、いじめっ子を助けるために暴力をふるって高校を退学+交通事故で父親を亡くした主人公が居酒屋を開いて再起を図る物語です。

f:id:mashino1986:20200813012933j:plain

主人公のパク・セロイ君なのですがめちゃくちゃいい子で、とても不幸な境遇なのですがそれに負けず仲間と共に一生懸命生きています。

この子が不幸な環境の中でも目標を立てて、それに向かって最良の選択をしているのがとても特徴的でした。

同じ環境で育った双子でも生き方は全然違う

少し話題がそれますがセロイ君と同じか、それ以上に過酷な環境で育った双子にインタビューをした心理学者がいました。この双子の父親は麻薬常習犯で子供に対しても暴力をふるっていたようです。

双子が30代になった時にインタビューをしました。

f:id:mashino1986:20200813015819j:plain

・1人目

父親と同じく薬物中毒になり生活保護を受けている。さらに家族に対しても暴力をふるい奥さんと子供は逃げ出したようです。

・心理学者:「あなたはなぜ、こんことを自分と自分の家族にしているんですか?」

・1人目:「あんな家庭に育った自分がこうなるのは当たり前だ!」

 

・2人目

ビジネスで成功+幸せな家庭を築く。もちろん素晴らしい親になっていた。

・心理学者:「あなたはなぜ、これほどの幸せな家庭を作ることができたのですか?」

・2人目:「あんな家庭に育った自分がこうなるのは当たり前だ!」

 

今の環境が全く違う2人から同じような返答があったようです。

同じ環境、同じ遺伝子を持つ双子がなぜ全く違った人生を送ったのでしょうか?

これは2人の出来事に対してのとらえ方・解釈が要因だと考えられます。

1人は父親を反面教師としなかったが、もう1人は反面教師にして父親とは逆の生き方を選びました。

 

要するにマイナス・プラス問わずに出来事自体は中立で、その出来事をどう解釈するかは自由ということですね。

人間の場合は動物と違って選択の自由があります。

動物は「外部刺激」→「同じような反応」を示すのに対して、

人間は「外部刺激」→「選択の自由」→「反応」という刺激と反応の間に選択の自由が存在します。

 

これを幸せになった方の双子に当てはめると、

・「外部刺激」→麻薬常習犯の父親と日常的な暴力

・「選択の自由」→自分は絶対にこんな父親にならない

・「反応」→幸せな家庭を築く

 

人間は動物と違って、過去や未来を考えることができる生き物です。

今は存在しないけど今後出てくるものを見る(想像する)ことが可能です。

幸せになった方の双子は「絶対に父親のようにはならない」と強く意識しながら生きたのでしょう。

 

幸福を感じながら生きるには、

「自分はこうしたい・こう生きたい・これがしたい」とポジティブな想像をしながら生きることが大切だと思います。

 

僕もセロイ君や双子の1人のように、より良い選択をして生きたいなとあらためて感じました