私記 駆け出しWebディレクターの日記

ニッチな業界のポータルサイトを運営しているディレクターの日記です。日々感じたこと、読んだ本(漫画や小説)の感想、マッチングサイトの活動状況、気になった心理学についてなどなど..ノーテーマ。一つの記事を30秒以内に読めるようにしています。

アクセス解析は数字だけ見ても無駄!

こんにちは!

管理画面のマスノです。

僕は仕事がらアクセス解析をよくします。

数字がめちゃくちゃあってどれを見ればいいかわからなくなりますね汗 

たまに頭を抱えています...

f:id:mashino1986:20200830192327j:plain

広告を出す側はどの数字を見ればいいかはこの記事にまとめたので、参考にしていただければと思います。

www.shiki-kakedashi.com

逆に広告媒体側はどこを見ればいいでしょうか?

広告主側が望む反響値を得られなず、何もコンサル的なことをしないままだと確実に掲載を落とされるので、アクセス解析は言わずもがなめちゃくちゃ大切です!!

 

アクセス解析は健康診断

たぶん前もお話ししたと思いますが、アクセス解析は健康診断のようなものです。

 

f:id:mashino1986:20200824235652p:plain

広告主は反響値を得るためにコンテンツやバナーの更新、キャンペーンの運用などをしています。

これらはやりっぱなしだと全く意味がなく次につながりません。

なのでアクセス解析をして「効果測定」と「効果が出た・出なかった原因は何か」を診断する必要があります。

ここで陥るのが単純に数字だけを見て良し悪しを決めることです。

低いから施策を止めようではなく、低い原因を探して改善をする必要があります。

実際の健康診断でも悪いね~で終わることってないですよね?
なので、悪い箇所は原因を追究する必要があります。

 

f:id:mashino1986:20200830193651j:plain

f:id:mashino1986:20200830193741j:plain

例えばバナーAの方がバナーBより、アクセスがあり商品の購入数が多かった。

というのがアクセス解析でわかります。

なぜそうなったのかなどの数字の違いとなる原因は自分たちで分析する必要があります。

漠然と数字を見るのではなく目的を決める

広告媒体側も広告主にコンサルができる状況なら、広告ごとのゴール(KGI)を設定する必要があります。

KGIの話はこちらに詳しくかいてあります。
ようするに広告の最終目標ということです。

www.shiki-kakedashi.com

分析する数字がKGIに直結しているのか?その数字が上がればKGIは上がるのか?を軸にアクセス解析をすればいいと思います、
僕は広告媒体側の人間なので、最近は広告主にPV数とCVの目標を共有して週次、月次で一緒になって分析しています。

できればCPAなども共有したいけど、あまりそこまで見ている人が少ない

しっかりしたアクセス解析をすることで、サイトページの改善に大きくつながるので、目的をもって解析をするようにしましょう!